logo/top1.gif
logo/top2.gif
ポーランドトップ写真


こだわりの旅・東欧 ポーランド   「ピアノの詩人・ショパン」の故郷を訪ねる・・・

ポーランドは、地政学的、文化的に東西ヨーロッパの中央に位置する国として「Heart of Europe」とも言われます。国の名前の語源は「平原」、此処は限りない大平原が広がります。

ポーランド=「ピアノの詩人・フレーデリック・ショパン」がすぐ思い浮かびますが、しかし、ポーランドは、キュリー夫人やコペルニクス、ヨハネ・パウロ2世、といった人々の故郷でもあります。豊かな歴史と伝統をもつこの国は、世界遺産も数多く、20161月からはポーランド航空による週便の直行便も成田空港から就航し大変に便利になりました。

ポーランドでは今なお、「出せよ、与えよ」の古き慣習が人々の心に深く息づいているようで旅人には惜しまず歓待します。たとえその人が去った後家計が火の車になるとしても・・・。このように、Heart of Europeのポーランドは欧州の地理的な中心であるとともに、「ヨーロッパの心」そのものであると言えるようです。 “こだわりの旅”はポーランドの人々の優しさに触れて戴く旅をご案内致します。


《 ポーランドの見どころ・・・ 》
グダニスク

1000年以上もの長い歴史を持つ、ポーランド・バルト海沿岸の街です。14世紀に建てられた聖マリア教会(ポーランドだけでなくヨーロッパで最大のゴシック様式)のある旧市街、アルトゥスの館、16世紀に造られた緑の門、17世紀の黄金の門、金の民家、そして素晴らしいパイプオルガンのコンサートが開催されるオリーヴァ大聖堂などは、一度は観て頂きたい、訪れる価値ある場所です。

マルボルク
13世紀に建てられた、ヨーロッパ最大の中世の要塞の1つです。14世紀と15世紀にはドイツ騎士団団長の陣地となりました。現在は博物館となっており、中世の重要な資料遺産が収められています。世界屈指の城で、ユネスコ世界遺産リストにも登録されています。


ポーランド・マップ
ポーランドマップ

トルン:旧市街はユネスコ世界遺産
有名な天文学者、ミコワイコペルニクスが誕生した街です。また、旧市場広場にあるゴシッククラシック様式の建築物は、トルンで最も美しいとされる建築物の一つ、聖マリア教会聖ヨハネ大聖堂など、又、アルトゥスの邸宅、13世紀の斜塔、13世紀の旧市庁舎モコライコペルニクス像、天文学者コペルニクスの生家などもぜひ訪れて頂きたい見所です。

ポズナニ
現在ポーランド最大の商業の中心地、ポーランドで最も古い街の1つ。ポーランドでキリスト教を導入した最初の地、ルネサンスバロッククラシック様式の美しい建築物の並ぶ旧市街、13世紀の旧市庁舎、17世紀バロック様式の教会(ポーランドで最も美しい教会の1つ)などの建築物は一見の価値ありです。

ブロツワフ
10世紀から続く歴史を持ち、美しい建築物のある街です。街には12の島と112の橋があり、このことから「ポーランドのベニス」とも言われています。ブロツワフで最も素晴らしい建築物として、14世紀から15世紀にかけて飛躍的に建築が進んだゴシック様式の旧市庁舎、旧市街の旧市場広場(ヨーロッパで最も美しいものの1つ)、有名なレオポルディナ講堂のあるブロツワフ大学の本館、国立博物館、ゴシック様式の中世の聖ヨハネ大聖堂のあるオストロフトゥムスキ、オペラ劇場などがあげられます。

ルブリン
12世紀に造られたポーランドの東に位置する街です。13世紀の城の塔、ゴシック様式の聖三位一体礼拝堂のある城などは、歴史的遺産として大切に保存されています。また、今日のルブリンは、大学や高等機関も多く文教都市としても知られています。

ワルシャワ:旧市街はユネスコ世界遺産
ポーランドの首都。第二次大戦で大規模な破壊を受けた後、市民の手により旧市街の建築物を見事に復興させました。もともと戦前からあった傷さえそのままに復元させ、色彩豊かな美しい街並みです。また、他にもショパンの心臓が埋められている聖十字架教会、ワルシャワ大学、無名戦士の墓、ワジェンキ公園内にあるショパン像、ヴィラヌフ宮殿など、ワルシャワの歴史ある遺産として見所がたくさん詰まった街です。

クラクフ:旧市街はユネスコ世界遺産
ポーーランドでもっとも古い都市の
1つです。6000もの建築遺産がこの町に残されており、その大部分は旧市街地にあります。最も有名な建築物としては、ゴシック建築の聖マリア教会や敷物会館、14世紀の旧市庁舎の塔、コレギウムマイウス(ヤギェウォ大学に残る最も古い建築物)、大聖堂と歴代ポーランド王の居城のあるヴァヴェルの丘 (お城の中にはレオナルドダヴィンチの名画「白貂を抱く貴婦人」も展示されている)などが有名です。

ポーランド旅行のお薦め・・・

logo/tourtop_osusume.gif 2018年現地発着 ポーランド・世界遺産巡り9日間 (2名様から日本語ガイドで・・)

logo/tour_turkey6.gif 9 日間

ポーランドの世界遺産巡り

logo/tourtop_osusume.gif 2017年 東欧 ポーランドのクリスマス・マーケットを楽しむ旅
logo/tour_turkey6.gif 8 日間

・最短ポーランド クラクフと世界遺産6日間の旅 2名様から
logo/tour_turkey6.gif 

ポーランド・ユダヤ人の足跡を巡る旅 8日間
南ポーランド・マウォポルスカ巡り 8日間
ポーランド・ネイチャー&カルチャー 8日間

北東ポーランド・お城ホテルと歴史と自然&カルチャー9日間
ポーランドのお城と宮殿を巡る10日の旅
キャッスル・ホテルと東ポーランド11日間

ポーランドのおいしい料理と食文化を味わう旅10日間
ポーランド 心ゆくまで見て!・買って! 楽しむ旅10日間
ポーランド・バルト三国・フィンランド周遊11日間
中世の面影を残す街や美しい教会が各地に残り、田舎では昔懐かしいヨーロッパの田園風景に出合う事が出来ます。ショパンが愛し続けたノスタルジックな伝統文化にふれる旅を日本語ガイドで2名様からご案内を致します。航空券はご自身でご用意戴くか又は弊社で手配代行を致します。

 
logo/tourbaltic8.gif

クラクフ:326日-42日、第 22 回『ルートヴィヒ・フォン・ベートーヴェン復活祭記念音楽祭』
ハイヌブカ・ビャウィストク:515日-20日、第 28 回モーツァルト・フェスティバル
ワルシャワ:612日-715日、国際合唱曲フェスティバル
ミエンヅィズドロイェ:617日-22日、ヘンリク・ヴィエニャフスキ・バイオリン・フェスティバル
クラクフ623日-71日、国際オルガン・フェスティバル
グダニスク:712日-15日、第19回国際バッハ・フェスティバル
ワルシャワ:7月-8月、(毎土曜)第73回ドゥシニキ国際ショパン音楽祭
ザコパネ:816日-26日、クラクフ旧市街クラシック音楽祭
クラクフ:815日-31日、国際音楽祭「ショパンと彼のヨーロッパ」
ワルシャワ:812日-30日、ボレスワヴィエツ陶器祭
ボレスワヴィエツ:8月に中旬、ワイン・フェスティバル
ジェロナ·グラ9月の上旬、「ワルシャワの秋」国際現代音楽祭
ワルシャワ:825日-96日、フレデリック・ショパン国際アマチュア・ピアニスト・コンクール
ワルシャワ:928日-30日、国際サクソフォン・フェスティバル


ショパンの像
(ワルシャワ・ショパン像)
 フェスティバル日程開催都市は参考として掲載をいたします。その他事前に弊社までお問い合わせください。詳細は、現地確認をして再度ご案内致します。

logo/tourbaltic6.gif
ポーランドの世界遺産・・・
  
一度は訪れて於きたい、アウシュヴィッツは古都・クラクフから日本語ガイドでご案内をいたします。

 ワルシャワ

ワルシャワ歴史地区
世界遺産登録年: 1980 年、南部小ポーランドの木造聖堂群

ワルシャワの旧市街は首都の重要な見所の一つです。第二次世界大戦でほぼ完全に破壊されましたが、戦争直後に戦前の写真や絵に基づいて忠実に復元されました。わずか5年間の修復工事によって中世の面影のある戦前の姿を取り戻したことで、高い評価を受けています。

 クラクフ

クラクフ歴史地区世界遺産登録年:1978

ポーランドの旧首都であるクラクフは、最も歴史ある都市の一つです。戦争の被害が少なかったこともあり、昔ながらの町並みが残り、古い都市の雰囲気が感じられる都市です。七世紀にわたりポーランド歴代の国王の住居であったバベル城や、王の戴冠式および葬儀の場でもあったバベル大聖堂、ポーランドで最初につくられた大学であるヤギェウォ大学、ヨーロッパ最大の大きさを誇る中央広場もクラクフ歴史地区の中に集まっています。

アウシュヴィッツ

アウシュヴィッツ・ビルケナウ -
ナチス・ドイツの強制・絶滅収容所(
1940-1945年)
所在地:クラクフの南西
70キロ、世界遺産登録年:1979

オシフェンチムにあるナチスドイツの強制収容所で、人類史上最悪の犯罪が行われた場所です。ここで約400万の人々が命を失いました。現在、そこは悲惨な事件の記憶と教訓を留めるための博物館となっています。

ヴィエリチカ岩塩坑

ヴィエリチカ岩塩坑
所在地:クラクフの南東約15キロ 世界遺産登録年:1978

ヨーロッパで最も古い岩塩採掘坑で、地下にある採掘坑の全長は約300キロ、坑道は9層に分かれています。このクラクフの岩塩採掘坑博物館には観光客が多く訪れます。坑内には、聖キンガ礼拝堂や地下通路、小部屋、小洞窟、岩塩に掘られた彫刻等、一見の価値あるものがたくさんあります。

トルン

中世都市トルン
在地:グダニスクの南約175km、世界遺産登録年:1997

13世紀にさかのぼる歴史を持つトルンの旧市街は、ポーランドにおける中世の街並みを最も忠実に残していることで有名です。都市が建設されたのは13世紀半ば、ここにドイツ騎士団が城を建設した時です。その後、町はハンザ同盟の都市となり、貿易で栄えました。トルンには素晴らしいゴシック様式の建築物が多くあります。また、コペルニクスが生まれた

Debno

Debno 
所在地:クラクフの南約
50100キロ、世界遺産登録年:2003

南部小ポーランドの木造教会群は、中世以来、地元の貴族が資金を出しステータスシンボルとして建設させたものです。都市の中心部に建てられた石やレンガ作りの教会とは異なる、カトリック教会で使われた様々な伝統的建築技術を見ることができます。教会それぞれに特徴的な様式が見られますが、中でも釘を一本も使わない建築技術には一見の価値があります。

ベラヴェシュスカヤの森

ベラヴェシュスカヤ・プーシャ/ビャウォヴィエジャの森
所在地:ワルシャワの東約230キロ、世界遺産登録年:1979

ポーランド最古の国立公園ビャウォヴィエジャの原生林は、ヨーロッパで世界自然文化遺産として認められている3カ所のうちの一つです。広葉樹林が針葉樹林より2割近く多いというその構成は、他のヨーロッパの森林では類を見ません。公園内にはおよそ1500種の植物と9000種の動物が生息し、ヨーロッパ最大の哺乳類であるジュブル(ヨーロッパバイソン)も保護されています。手つかずの豊かな自然のなかで、他では滅多に見られない珍しい動植物と出会うことができます。

 ヤヴォル

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群
所在地:ヴロツワフの南西5570キロ 世界遺産登録年:2001

ヤヴォルとシフィド二ツァの平和教会は、ポーランドの南部にあるヨーロッパ最大の木造の宗教建築物です。二つの教会は17世紀半ば、ウェストファリア条約締結直後に起きた宗教戦争のさなかシレジア地方に建設されました。プロテスタントとカトリック間の対立を和らげるために造られたものなので、後に「平和教会」と名付けられました。建物はギリシャ十字の形で、7500人を収容することができます。

 マルヴォルク マルボルクのドイツ騎士団の城
所在地:グダンスクの南東約50km、世界遺産登録年:1997

マルボルク城はヨーロッパ中世の防御建築物の中で最大規模をほこるものの一つであり、13世紀にドイツ騎士団によって修道院として建設されました。1309年に騎士団の総長の座がヴェネツィアから当地に移された後、城は美しく装飾され要塞化されました。こうして再建されたドイツ騎士団の本拠地はヨーロッパ最大のゴシック様式要塞となりました。その後長い年月の中で何度も破壊されましたが、19世紀末から20世紀初頭にかけて細心の注意を払って復元されました。第二次世界大戦においても深刻な被害を受けましたが、戦前の資料をもとに忠実に復元されました。中世のレンガ造りの城として最も価値ある建築物とされています。

 カルヴァリア カルヴァリア・ゼブジトフスカ巡礼公園
所在地:クラクフの南西約35キロ、世界遺産登録年:1999

カルヴァリア・ゼブジトフスカはポーランドの最も有名な巡礼地の一つで、年間約100万人以上の信者が訪れています。また、ヨーロッパにおけるキリスト受難礼拝堂群の中で最も美しい建築物として有名です。丘となっている地形に沿って造られた十字架の道中に、バロック様式の素晴らしい礼拝堂や一流の芸術家による貴重な絵や彫刻も見られます。自然と人間の手で造られた芸術が見事に融合し、訪れる観光客に感動をもたらす場所としても有名です。

 ヴロツワフ ヴロツワフの百周年記念ホール
所在地:ヴロツワフ市内、世界遺産登録年:2006

ヴロツワフ百週年記念会館はポーランドにある世界遺産の中で最も新しく登録されたものです。約6000人以上収容できるこの大きな建築物はマックスベルグという建築家の設計によって20世紀初頭に建てられました。ナポレオンのライプツィヒでの戦い100周年を記念する目的で建設されたことから、後に「百週年記念会館」と名づけられました。20世紀初頭に建てられたと思えぬほど近代的で、最先端の建築技術が使われています。建設当初は、世界最大の円型コンクリート建築物として世界中から注目を集めていました。音響効果が非常に優れているため、現在はさまざまな音楽イベントなどがよく開催されています。

 ムスカウ

ムスカウ公園
所在地:ヴロツワフの西約215キロ、世界遺産登録年:2004

ポーランドとドイツの国境沿いに559.9ヘクタールにも広がる絵のように美しいムスカウ公園は、1815年から1844年にかけてプリンス・ヘルマン・フォン・ピュクラー・ムスカウによって造られました。公園には、近代的な景観デザインが見られます。その特徴とは、木や池などを風景画のように配置する一方、それらと調和するように建物が建てられていることです。ムスカウ侯爵の方法は、後にヨーロッパやアメリカの造園に強い影響を与えました。2004年に景観デザインの傑作としてユネスコの世界遺産に登録されました。

 


ポーランド国内の手配は、お任せ下さい  
"こだわりの旅”ポーランド、ワルシャワ・オフィスのパートナーです。ポーランド全域の手配をしています。
安心・安全・確実な手配及び、皆様のポーランド国内での旅程管理も弊社とと常にコンタクトをしています。ご旅行中におけるお困りの事等はいつでもご連絡ください。


ポーランドへのアクセス・・・
 ポーランド航空
 ポーランド航空です。スターアライアンスグループに加盟しています。2016年1月に、成田空港からワルシャワ・ショパン空港に週3便で就航しました。ワルシャワからポーランド国内クラクフ他各都市や欧州各都市への乗り継ぎが便利です。
往路
運航:月、火、木、土曜成田発
LO080便 NRT/WAW 10:55/14:25

復路
運航:月、水、金、日曜ワルシャワ発
LO079便 WAW/NRT 14:40/09:15+1
 WAW=ワルシャワ・ショパン空港  +1=到着日は翌日  ポーランドへは、この他、欧州各国の航空会社でもほぼ毎日運航をしています。ビジネスクラスの手配も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。 


logo/tourrussia_europe7.gif
 
既に大まかな行程が決まられている場合は行程表をお送りいただければ、ご予算に応じて、又ご希望のホテルに合わせてお見積りさせていただきます。

お客様の貴重な時間を費やして行くご旅行ですから、
「この日の夜は地ビールのおいしいお店に行きたい」
「この日だけは終日、日本語ガイドをつけてほしい」
「できるだけ多くの美術館をまわりたいので移動は全て専用車にしてほしい」
「この日の夜はどこかでファドを聴きに行きたい」等、
ご旅行に対する熱い想いをお伝えください!それがご旅行を自由設計する醍醐味です。

 

 
お見積りご依頼・お問合せのページへ  

 
 こだわりの旅の各国ツアー手配は全てダイレクトオペレーション(現地直接手配)を基本としています。旅行会社なら当たり前のようですが、多く海外旅行手配は在京のランド・オペレーター(リプリゼンタティブRepresentative)と言われる手配業者が手配代行している事が多々あります。ダイレクトオペレーションの最大の特徴は、お客様のご要望を直接現地の弊社パートナーに伝え手配の行き違いを極力なくすとともに、日々刻々移り変わる最新の現地の情報を直接お客様にご案内をし、出来る限り,旅の安心安全を確保する事にあります。今は誰でもインターネットでも様々な情報を得られますが矢張りでネット情報にもタイムラグが有り専門的な旅の最新情報を探し出すのは容易ではありません。こだわりの旅は旅行会社と、リプレセンタティブ業務を併せ持ったお客様の為のランド・オペレーター(現地手配会社)でもあります。故に航空券を伴わない現地地上手配のみも、もちろんWelcomeです。但し、他社でツアーを予約されて、劇場のチケットのみ等や一部分だけの地上手配を弊社にてお申込みは万一の場合における責任の不明確さの原因にもなりますのでお受けしていません。繁忙期における日本語ガイドのみの手配につきましてもガイドの人数に限りがあり、プライオリティを考慮しますのでお受けできかねる場合がございます。又、各国のVISA申請代行業務につきまして弊社にてご旅行のお申し込みを戴きましたお客様の付随業務として承ります。(VISAのみの手配は行政書士法違反となりお受けできません。)お1人参加でのご旅行はガイドや専用車を付けますとどうしても割高に成らざるを得ません。何卒、悪しからずご了承ください。
logo/top23.gif
logo/logo/mofa.gif 旅の安全情報は
出発目に登録を
 
   logo/tabireji.png logo/tabiho.jpg
   会社概要 | 旅行業約款厚生省検疫所 |
  世界の天気 | 為替レート | 世界の時間/時差 |
logo/travelplazalogo.gif 
運営・管理:
株式会社 トラベルプラザ
logo/antalogo.gif
一般社団法人 
ANTA 全国旅行業協会保証社員
top2 top2 top2 top2 top2 top2 top1 logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif logo/tourrussia_bar.gif